220808 【進捗】性命097(下書①)

 

ためていた下書がなくなったため新たな下書を20枚ほど作りました。
下書にかける時間を急に1/5以下にしたのですが、正直全く変わりませんね。
言葉だけをまとめているファイル上では12/20のところまで来ましたので、お話上ではあと半分くらいです。

中央、220109の記事で書いた成田鴉が出ています。
この人は自分が認識してたより遥かに、この世界にとって重要人物であるようなのですが果たしてそれは出るのか。
ほんとうは他にも1名本編で出ていない人が出てくる予定だったのですが、絵コンテ⇒下書の過程でなくなりました。

果たして曾宮水々を本編で描ける日は来るのか。
描きたくても描かせてもらえない、いつもそんな感じです。

・・・

最近は珍しくソーシャルゲームをやっているんですけど、みなさんはこれと創作作業をどうやって両立しているのだろうなあ……という疑問ばかりです。
オート機能めちゃくちゃ使ってますけどね。
原作で一番好きなキャラがリリース初ガチャでピックアップされてて、正直当惑しています。

この諸記ページに少しテコ入れをしました。
古い記事を改ページして、いわゆるページネーションを付けています。
記事はひと月ごとか、少なければまあ適当なところで区切る予定です。
改ページ挿入するだけだと左側の状態になるのですが、ここをいじるためのphpを見つけるのに数時間かかりました。
素直に記事ごと区切ってリンク貼った方が絶対早かったな。
それではまた。


220717 【更新】内容詳細

◆架空ストアさまでの販売を開始しました
boothでの通販もこれまで通り継続します。


◆通販窓口が複数になりましたので、案内頁を作りました


◆活動歴・予定頁を作りました
これまでの活動歴と予定をまとめた頁を作りました。
開催が近くなりましたらTwitterでも告知する予定です。


とりあえずあらかた追加したいものはできたので、原稿作業に戻ります。
それではまた。


220715 【更新】内容詳細

FANBOXの時事ネタ以外の全体公開記事をこちらにも移しました。
▲時事ネタ?……ネットプリントやイベント参加のお知らせなど、リアルタイムのもの

トップページの更新履歴、古いものは消えていくので、
活動実績と言うか、イベント参加歴を作ろうかな~と思いました。
とはいえ今日のサイトいじり作業はもういいかという感じなので、次回やる予定です。

ようやっと架空ストアさんへの委託品の納品が完了したので、販売開始されたらまたお知らせいたします。
それではまた。


220712 【更新】内容詳細

サイトの更新をしました。以下詳細です。

◆絵と景迹のサムネイル画像を全体的に変更しました。
なぜかそこはかとなくぼやけるので画像サイズを変更しました。自分の管理の問題です。


2022年上半期の絵を追加しました
量が多すぎて良く解らなくなってきたので漏れていたりだぶっていたらすみません。
不備を見つけたら教えてください。

なんとなくで分類して分けています。アナログとデジタルとか……
画像に題名を入れ込んだりなど、画像形式自体が今までと少し変わっています。自分の管理の問題です。


◆(連作『さざんか』のみ)表示方法を変更しました。
1枚表示から複数枚表示に変更しました。
量が膨大なため、それより前のページは変わっていません。自分の容量の問題です。

こんな感じです。向きが逆ですが、見開きっぽくなっています。

普段ブログはFANBOXのほうで書いているのですが、こちらでも書いてみました。
そもそもWordperess自体ブログ用なんですよね。たぶん。
更新した時とかお知らせがある時はこちらにも書いていけたらと思います。

それではまた。


220109 【挿絵】姿を現す予定のひとたち

◆悪乱佞報室の記者 歴山

『にむふむ』の最初の方に小さく出ていました。
二月発行予定『予知を確かめて』の時点ではおそらくまだ入室していないものと思います。
悪乱佞報室は化田・三ヶ崎・木島・歴山・田上という人間が働いていますが、
今のところ田上くんは名前しか出ていません。顔は知っていますが……
施音放送というのはラジオ番組みたいなものです。

◆帝都の双子の作家 薬木マドカ

帝都は『花伽催神示』の舞台であった宮都の焼失跡にできた町です。
縁起が悪い土地なので事件が絶えないらしく、代わりに家賃が安いそうです。
『さざんか』は主に戦前領、天国区、蜜柑区、こっくり区あたりが出てきますが、
帝都はそこからかなり遠く、電車で向かうような場所にあるそうです。

薬木省は現代で言う厚生省みたいなものです。
ただあの世界なので、そこまで規模は大きくないです。

◆死霊占師の重鎮 成田鴉

上の三人は晶紘の人で、この人は幽芳辰の人です。青白い人です。
歳が人間の範疇を超えている人なので童顔です(?)
国の中で三番目くらいに強い死霊占師だそうです。二番目は右側に居る真野若菜です。
死霊占師というのは公僕の霊能者みたいなもので、たくさん居ます。
主に孤児の人が国から選ばれて死霊占師となります。
男女ともにこの服なので人によっては性別がよくわからなくなります。

死霊占師は幽芳辰の天子さまの手足となるひとびとですが、よっぽど力が強くない限り軽んじられます。
化田若靖に晶紘へ行くことを薦めた人です。
二月発行の『予知を確かめて』で会話だけが出ます。


そんな感じです。
『予知を確かめて』は49場面あるのですが、今やっている『性命』は現在19場面くらいです。
いつものことですがわたしは記者のため、書き終わるまで彼らがどうするつもりなのかわかりません。
それではまた。